男の人

注目を浴びる歯科開業|コツを掴めばアナタも経営上手

決済方法の書類

2人の女性

導入するにあたって行っておく良い下調べ事項

POSレジ導入前に把握しておきたい情報が2つあります。まずそのPOSレジで扱う商品でバーコードが付いた商品がとのくらいあるかということです。POSレジには商品販売時に従来型の様に手で打ち込むかコンビニエンスストア等の様にバーコードをかざして入力するかバーコードのない場合は自店舗でバーコードが印刷されたシールを貼付したり、パン屋やファーストフード店の場合バーコード商品写真が印刷された一覧表にてバーコードをスキャンしたりレジに商品名の書かれたキーを設ける方法で入力するかのいずれかになります。この判断基準の一つなるため商品数やバーコードの有無を確認しておくことが大切な下準備となります。また、POSレジ後のレジ取扱者の負担や入力ミスにかかわることなので、ぜひ把握しておきましょう。またもう一つ知っておきたい情報があります。決済方法の割合です。一般の商店では現金、クレジットカード払い、商品券払い、そし手掛け払いといった形で代金を頂いていますが、その種類や割合を知っておくこともバーコードの有無同様にPOSレジ選定基準を左右します。

POSレジ導入によって得られるメリット

POSレジは導入時こそ戸惑うものですが、得られる情報は大変多くその主たるものとしては「何がいつ売れているか」という情報を確かな形で得られるため、従来ならば大まか勘や経験といった不確か譲歩のみであったものが確実な情報として得られるため品切れや機会損失つまりお客がいるのに品がない状況を防止できます。その結果N曜日のT時にはSSをいくつ発注するべしというようなパターンや傾向ができるため確かな発注に繋げることが考えられます。いうなればコンピューターよりコンピューターといったところです。これによって、必要なものを必要な時に店にそろえることになるため、品切れと不良在庫の両方の防止につなげることが考えられます。